スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : -
▲ PAGE TOP : 

<< 万能です。 : Sickened >>

うつくしいうた #4

「九月の雨」 太田裕美

9月といえば、思い出すのが、
EW&Fの「September」と、太田裕美の「九月の雨」。
最近、頭の中で「九月の雨」がよく流れます。
大好きな曲です。

この曲は、雨の中をタクシーで恋人の家に急ぐ女性が主人公。
でも恋人の心はすでに、彼女から離れてしまっています。
夏の恋だったんでしょうか。
悲しい曲です。

作詞は松本隆。
作曲はもちろん筒美京平。
筒美さんが太田裕美さんに書いた曲は、
この曲をはじめ、「雨だれ」や「木綿のハンカチーフ」、
「しあわせ未満」「恋愛遊戯」などなどたくさん。
そしてどの曲にも共通しているのが「裏声」です。
これは私の想像でしかありませんが、
筒美さんは、太田さんの裏声が好きだったんじゃないかな。
必ず、何箇所か裏声になるんですよ。
きっと意図的にやっていたと思われます。
ガラスを飛び去る公園通り
あなたと座った椅子も濡れてる
さっきの電話で あなたの肩の
近くで笑った女(ひと)は誰なの?

September Rain Rain 九月の雨の静けさが
September Rain Rain 髪のしずくをふるわせる

季節に褪せない 心があれば
人ってどんなに幸せかしら
ライトに浮かんで流れる傘に
あの日の二人が見える気もした
この曲は1977年の曲ですが、
松本隆さんって、松田聖子の曲の作詞のイメージが強くて、
こんな昔から作詞家活動をしていたのは意外な感じです。

筒美京平さんは、私が大好きな作曲家。
ここで語り始めると止まらなくなるんで、やめておきます。

そういえば、松本筒美コンビの
「最後の一葉」という曲も好きでした。
小さかったから、意味はよくわかんなかったけど、
すごくダイナミックな曲でした。
この手紙書いたらすぐに お見舞いに来て下さいね 
もう三日あなたを待って 窓ぎわの花も枯れたわ
オー・ヘンリーの「最後の一葉」をモチーフに作られた曲。
また短編集読みたくなっちゃった(^^)。

うつくしいうた(うつくしいうた) : comments(0) : -
▲ PAGE TOP : 

スポンサーサイト

- : - : -
▲ PAGE TOP : 

COMMENTS

COMMENT FORM