スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : -
▲ PAGE TOP : 

<< うつくしいうた #8 : 石けんプレゼントします。 >>

うつくしいうた #9

「ストレンジカメレオン」 the pillows

「うつくしいうた」、珍しく続けてのエントリーです。
というのも、これ↓をやっと聞いたのですよ。

  シンクロナイズド・ロッカーズ
シンクロナイズド・ロッカーズ

これを聞いてから、私の中で再びピロウズブームが起きております。
静かに。
ちなみに、このアルバムはオムニバス。
YO-KINGさんや、ミスチル、佐藤竹善さんたちが、
ピロウズの曲をカバーしています。
10曲目に入ってる「ストレンジカメレオン」が大好きな私は、
この曲をカバーするのがミスチルだと知って、
ちょっとイヤな予感が...。
いえいえ、別にミスチルが嫌いなわけじゃないけど、あまりにも普通で。聞いてみると、やっぱり普通で。
で、やっぱりピロウズの曲はピロウズがやるのが1番、という結論に達して、最近よくピロウズの曲を聞いているというわけです。

この「ストレンジカメレオン」という曲を聞いて思うのは、
「せつない」という感情のこと。
君といるのが好きで あとはほとんど嫌いで
まわりの色に馴染まない 出来損ないのカメレオン
優しい歌を唄いたい 拍手は一人分でいいのさ
それは君の事だよ

たぶんもうすぐさきっと なんて息を止めたまま
どうでもいい行列の並んでもみた

勘違いしないでね 別に悲しくはないのさ
抱き合わせなんだろう 孤独と自由はいつも
詩を読むだけで、ちょっと泣きそう。
音楽を実際に聞くと、本当にせつなくなってしまう。
このカメレオンは私なのかな。
抽象的な言葉だけど、「せつない」っていう感情は確かにあると思う。この歌を聞くと、そんなことを思います。

ところで、英語では「せつない」に当たる言葉はないそうですね。
日本語特有の、あいまいな言葉なのかもしれません。
でも、人間の感情なんて、足して引いてイコールで出るものじゃない。「あいまい」も、たまにはいいのでは?

ピロウズの事を、手っ取り早く知りたい方はこのCDがオススメです。私も持ってます。

 Fool on the planet
Fool on the planet

うつくしいうた(うつくしいうた) : comments(0) : -
▲ PAGE TOP : 

スポンサーサイト

- : - : -
▲ PAGE TOP : 

COMMENTS

COMMENT FORM